Home 暗号プロセッサ OpenICF3 Japanese site English site

JS版 idleencoder
トップ
ファイル形式の確認
簡易編集機能
コマンドライン
FAQ
動画
MP4
WebM
AVI(Xvid)
WMV
アニメーションGIF
音声
AAC
MP3
デバイス
PlayStation3
PSP / Vita
ニコニコ動画
ONScripter



JavaScript版 idleencoder

idleencoderとは

idleencoderはGUI版のffmpegです。ffmpegは、オープンソースの動画変換ソフトです。 JavaScriptのffmpegは、videoconverter.jsをベースにffmpegのバージョンをアップしています。 コーデックをcopyとすることで無劣化に形式を変換することも可能です。 圧縮してHDDの容量を節約したり、ビットレートを制限してアップロードしたりする用途にも使えます。 インストール不要でパソコンのHDDを盗み見られたり、破壊されたりの心配がありません。 他のオンラインコンバータと異なり変換する動画がインターネットの外に出ません。
「簡易編集機能」では無劣化に動画形式(拡張子)を変換することもできます。

必要条件

Edge 25、FireFox 45、Google Chrome 50
他のブラウザでも動作するかもしれません。 Internet Explorer 11でも動作しますがメモリの制約条件が悪かったり性能が遅いなどの問題があります。

メモリ最低 2〜3GB、推奨 3GB以上

既知の不具合

・大きなファイルは変換できません。まず14秒のサンプル動画をダウンロードして確かめてください。
変換がうまくいっても動画が壊れていることがあります。必ず、変換後の動画を確認してください。
・変換速度は、かなり遅い
・マルチスレッドには対応していません。
・-passオプションには対応していないようです。
・WebM(VP9)に変換した動画が壊れていることがある。

使い方

変換先の形式をこのページの左側から選択してクリックします。 案内にしたがってffmpegのオプションを作ります。 ffmpegに割り当てるメモリサイズをクリックしてffmpegを起動するページに移動します。 必要があれば、オプションを修正し、動画ファイルをドラッグ&ドロップします。
割り当てるメモリが大きすぎる場合、起動時にメモリ不足でエラーになるので割り当てるメモリを小さくします。 割り当てるメモリが小さすぎても動画変換でメモリ不足になるので大きいメモリを割り当てます。

変換に成功するとDownloadボタンが出現します。

MP4に変換する場合、初回は動画変換速度をultrafast(最高速)にして試してみることをお薦めします。

動画ファイルの形式を調べたい場合は、ページの左上にある「ファイル形式の確認」

ffmpegに任意のオプションを使って動かしたい場合は、ページの左上にある「コマンドライン」


変換ガイド

MP4(動画 H.264、音声 AAC)に変換するとたいていの大抵のモバイル機器で再生 できますし圧縮性能もいいようです。 品質を優先する場合は、可能な限り圧縮形式でCopyを選択して再エンコードを 避けます。変換前のコーデック(圧縮形式)が変換後のコンテナ(拡張子)でサポート されていることを確認します。例えば動画がDviX(Xvid)で音声がAC3のMKVファイルは AVI(Xvid)で動画をCopy、音声AACにすると PlayStation3で再生できるAVIファイルができます。MP4(H.264,AAC)に変換 するより動画が高品質です。AVI(Xvid)の再生が可能なモバイルもある ようなので覚えておくと便利です。MKVファイルで多いのが動画 H.264、音声 Vorbisです。これはMP4で動画をCopy、音声をAACと すると動画が無劣化です。


サンプル動画

動画ファイルがなくて試すことができない場合は、ここに サンプル動画あるのでぜひご利用ください。


ffmpegのバージョン

ffmpeg version 3.0.1 + x264 + mp3lame
ffmpeg version 3.0.1 + libvpx + libvorbis + libogg
ffmpegのオプションを-helpとして小さいファイルをドラッグ&ドロップすると、バージョン情報が得られます。 また-formatsで対応しているコーデックの情報が得られます。


ソースコード

ここからダウンロードできます。
ライブラリのディレクトリを自身の環境に修正して
emconfigure ./econfig
とするとemscripten用にconfigureが実行されMakefileが作られます。 Makefileが作成されたらemmake makeでコンパイルします。 ffmpegが作成されたらfinalというスクリプトがあるので、それを実行してJavaScriptに変換します。


関連サイト

ffmpeg
http://bgrins.github.io/videoconverter.js/

サポート

ツイッターメールでお願いします。