Home 暗号プロセッサ OpenICF3 Japanese site English site

PNaCL QEMU
トップ
Tips
制限事項
FAQ
download
ターゲットCPU
i386
x86_64
arm
sh-4
RasPi エミュ
実行環境
OSダウンロード
OS作成方法


ターゲットCPU ARM

にマウスカーソルを合わせると説明が表示されます。

machine 

cpu 

メモリ 

default 256MB 384MB 512MB 1GB

smp 

キーボード 

default ja en-us

               

Raspberry Pi Debian

Rsapberry PiのOSイメージを起動するには、 このURLを参照してください。 カーネルイメージがリンク切れになっているのでここからダウンロードしてください。 「Raspberry 初回」「Raspberry 通常」のボタンを押せば、前述のURLの設定で起動できます。 ( 前述のブログにあるオプションでは-serial stdio の問題で起動しません)
kernel-qemuファイルとOS本体のファイルをファイル名hdaとして転送してください。
OSはRASPBIANの2015-02-16-raspbian-wheezy.imgをダウンロードしてください。 最新の2015-05-05-raspbian-wheezy.imgは、CUIの起動は可能でしたがX11の起動は失敗します。
user IDは「pi」、パスワードは「raspberry」です。ログイン後、startxコマンドを起動するとXが立ち上がります。
OS本体のファイルサイズが大きいため現状のPNaCL QEMUでは読み込めません。
% qemu-img convert -c -O qcow2 xxx.img hda
上記コマンドを使って圧縮してください。

オリジナルのQEMUにあるarmのテストバイナリの動作は確認できていません。

デモ動画 raspberry pi

Raspberry Pi TinyCore

TinyCoreLinuxのRaspberry版「piCore」はこのURLを参照してください。 QEMU用に作られているおかげで、非常に軽いです。

デモ動画 piCore


手動による起動

任意の起動オプションをqemu-system-armにつけて起動するには「マニュアル」ボタンをクリックしてください。