Home 暗号プロセッサ OpenICF3 Japanese site English site

ToraTora Android
トップ
使い方
FAQ


ToraTora Android版

Windowsのファイル暗号ソフトToraToraのAndroid版。 256bit AESのCBCモードでファイルを暗号化、復号化します。 Android版ではパスワードによる1ファイルの暗号化、復号化のみ。 鍵はパスワードからPBKDF2により生成されるので安全です。 (AES暗号のソフトは多いですが鍵生成のセキュリティまで考えている 無料ソフトは以外に少ない。) JavaのCrypto APIを利用しているためAndroid 4.4 (KitKat)以降では AES-NIなどのAES専用ハードが搭載されている場合、高速に処理 されます。またバッテリーの消費も抑えます。 これは端末の実装に依存します。 WindowsやAndroid以外にもMac OSX / Linux / ChromeOSで 動作するPNaCL ToraToraがあります。 FreeBSDやマイナーなCPUでも動作するJavaScript版の JSToraToraなどもありファイルを暗号化してインターネットで 配信する目的に便利です。

必要条件

Android 2.3.3以上
Java Crypto APIでAESとPBKDF2が実装されていること

オリジナルのToraToraとの違い

オリジナルのToraTora はWindows専用で2009年にVer1.0.0.0がリリースされています。 Android版のToraToraと相互にデータをやりとりできますが1ファイルのパスワードによる 暗号化/復号化のみです。オリジナルのToraToraは読み込み、暗号処理、書き込みを並列に 行うのでかなり高速です。
オリジナルのToraToraの最新版はWindows Vista以降ですがVer1.2.2.0を 使えばWindowsNT/98と相互にデータをやりとりできます

オリジナルのToraToraも無料のフリーウェアです。ICカードを使った 強力な暗号化ができることが特長です。ICカードがなくても無料の ICカードエミュレータが使えます。オリジナルのToraToraも 友人や顧客にインターネット使ってファイルを送信するのに便利です。 パスワードだけでは脆弱で心配といった場合に役立ちます。

インストール

Google Playでここからアプリを追加してください。

使い方

こちらのページをご覧ください。

ファイルサイズの限界

2GB未満

外部SDカード

外部SDカード上のファイルは読み書きができないかもしれません。 読み書きの許可ができる場合は対応していただき、できない場合は内部ストレージにコピーしてから暗号化・復号化をしてください。

免責事項

ToraTora Android版を利用して、万が一、損害を被っても当サイトは一切責任を持ちません。

掲載いただいたサイト

アンドロイダー公認デベロッパー認証
AndroidView

紹介ページはここ

サポート

ツイッターメールでお願いします。